イベントコンパニオンの人材集めから選考までの一連の流れの経験

コンパニオンの派遣を主に行っている地元の人材派遣会社へとオファーをした

イベント会社に勤務をしていた経験があります | コンパニオンの派遣を主に行っている地元の人材派遣会社へとオファーをした | 全てが完璧にこなすことができたことは派遣会社の協力

これまでのコンサートとは異なり、女性スタッフが該当しているので急ぎで募集を自社内で行うことは無理と判断をした結果、コンパニオンの派遣を主に行っている地元の人材派遣会社へとオファーをしたことが始まりです。
広大な面積を持つドーム型の会場を使い、見本市の開催では各ブースに配備するコンパニオン、飲食コーナーを担当する方、案内書やパンフレットをバイヤーさんに配布する方など合わせて10名の絞り込みを行いました。
派遣会社側ではネット上ではなく実際に在籍しているコンパニオンの方々の写真とプロフィールなど詳細をまとめた冊子を会社に届けて下さり、その中から自社内で絞り込みをしたという方法が一連の流れです。
プロフィールには身長も掲載されていたので、顔写真と全身写真を確認しても非常に分かりやすい情報が盛り込まれていたので絞り込みをするまでの時間は1日で終了しています。
ただし、派遣会社側では私の会社と同様に、常に必要とするスタッフではないことから、仕事のpファーを本人に伝えたとしても、急に用事が出来てしまい欠席する可能性があると伝えられました。
そのため解決策は予備といっては失礼になりますが、急な欠席者が出た場合は全て派遣会社側に任せるという契約を結んでおいたので万全な状態でイベント開催日を待つだけでした。

イベントコンパニオン展示会イベントコンパニオンの求人|Indeed(インディード)